私が実践した美肌への道① 最悪から生還した医者の話を聞いてみませんか?

本日より

ちょっと自分の体験談と肌についてのことを

お話させてください。

では

服部が実践した美肌への道

シリーズ開始!



いきなり自分の話で

申し訳ないんですが

最近(2021年後半~)

「院長、若くなったね」

とか

「肌がツルツル」

と言われるようになりました。


わたしの以前を知っている方に

よくそう言われます。

それもそのはず、

わたしはアトピー性皮膚炎で辛い時期を

過ごしておりました。

わたしです。2018年1月

とくに顔の状態がひどかった。

(腕、手も悪化してました)



肌に張り感がなく、赤くカサカサで
シワが深いです。


皮膚は最悪の状態でいつも苦しんでいましたね。

とにかく休む間もなく働いていたので 

体が悲鳴を、あげていたのはわかっていました。



なので

いま2021年11月と

雲泥の状態の差がありますので

びっくりされるのかもしれません。


2021年11月




久しぶりにあった患者さんに

「なんでそんなに若返ってるの?」

といわれました。



それが、

「アトピーよくなったね。」ではなく、

「若くなりましたね」「ツヤツヤ」

といわれるのが自分的にはうれしいのですが

意外な反応なんですね。



人間は人間の顔の状態を

どのように記憶しているのか。



脳は顔をみた瞬間、

無意識に相手のシワ、

黒子、色、肌の質感など

情報を素早く処理して

過去の記憶と関連づけ、

目の前の人を思い出そうとします。



その時に目の前にいるわたしは、

脳的にかなりズレているのでしょうね(笑)


この今の状態に至るのにはちょっとした

秘密があるんです。

それをお話しさせていただきます。

服部院長が実践した美肌への道

アトピー肌、肌老化で悩んだ形成外科医師のリアルな肌事情。肌の改善に真っ向から挑み、自分でテストを繰り返し、艶肌と言われるまでになった秘密はこれだった!!

0コメント

  • 1000 / 1000